FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
2017ツアー報告その1 ウイン募集馬に付いて
今年もBRF・CVFツアーに行ってきました。
2年続けて悪天候に祟られましたが、今年はなんとかいい天気で終えることができました。
やはり天気って大切ですよね。

さて、例年通りツアー報告をしていきたいと思います。
募集馬の方が需要があるみたいなのでそちらから書いていきます。
今日はウインの募集馬から5頭取り上げたいと思います。
以前にも書いたことですが、どちらかというとウインの方に力を入れていきたいと考えているところです。
ラフィアンよりは多めの紹介になります。

スガコの16

スガコの16です。
今回の募集馬の中では牡馬最安値の馬です。
母は繁殖としては地方になりますが活躍馬を出しています。
父は少ない産駒の中で重賞勝ち馬を出しました。
値段と比較すれば悪くない血統だと思います。
馬格は雄大でバランスも良くお尻も大きいです。
お尻の形はもっと斜尻の方が好みなんですけどね。
実際、生で見てみると、やはり雰囲気がありますね。
カタログのコメントどおりですが、面白い存在だと思います。

ピサノサンデーの16

ピサノサンデーの16です。
父のロードカナロアはかなりの確率で成功するのではないかと考えております。
母はせいぜい中堅どころという評価で、大物を期待するのは酷かもしれません。
その分値段もお手頃となっております。
父の子をこのお値段でいけるとなれば、お得な感じは受けるところです。
まず冬毛モコモコのカタログ写真と違ってスッキリした感じです。
毛色なんかも全然違って見えますね。
馬体はバランスは整っており、父のイメージよりも距離は持つと思いました。
ボリューム感はそこそこですが、父を考えると物足りないところはあります。
ただ、5月生まれということ考えると成長の余地はあります。
5月生まれだったウインヴォラーレよりは全然立派です。
カタログによると母は少し緩い馬を出す傾向があったとのこと。
父にそっくりというよりは、母の欠点を上手く補うことが出来ていると感じました。
それでもやはりもっと立派になってほしいかなとは思います。
これからの成長を期待したいところです。

フリーヴァケイションの16

フリーヴァケイションの16です。
出資馬のウインニルヴァーナの弟になります。
ウインリバティの母親としての方が知られているかもしれません。
母親は走る子を出すんじゃないかと気にかけてはいました。
父親のスクリーンヒーローと合わせて、血統だけを見た段階での注目度は高かったです。
ただ、値段は想定外に高いです。
よほど出来がいいのかもしれないと注目していました。
カタログ写真での印象は、お尻が凄く立派だと思いました。
全体的にとってもボリューム感があります。
首が短く、距離は持たなさそうで、マイラーではないでしょうか。
カタログではクラシック云々言っていますが、どうなんでしょうかね。
さて、実際見てみると、何ていいますかね、バネっぽいのがあるのを感じます。
細かな動きが、色々と素早いんですね
まぁ、過去、走った馬には出資せず、走らなかった馬に出資したという経過もあります。
自分の馬の見方と相性的に合ってない部分はあるのかもしれません。
注目したいと思いますが、値段との兼ね合いもあり厳しいかもしれません。

ゴシップクイーンの16

ゴシップクイーンの16です。
ツアーに行く前は全く注目していなかった馬です。
血統的に言えば、母の産駒はそれなりにいますが、目立つ馬は出ていません。
父のスクリーンヒーローは優秀ですが、他にも募集馬はいます。
カタログ写真でも細身に見え、完全にスルーしていました。
切っ掛けは次のコスモチェーロの16の方に注目し、厩舎からの出待ちをしていたときです。
その直前に出てきた同じ栗毛のこの馬に困惑してしまいました。
あれ?違うような。それでもこの馬もいいよな。とまぁそんな感じです。
カタログ写真で見るよりも凄く立派で、ボリューム感があります。
スクリーンヒーロー産駒らしい、と思いました。
馬体のバランスもいいし、牝馬ではこの馬とコスモチェーロの16が抜けていると感じました。
フリーヴァケイションの16と比べると安いことも売りになるのではないでしょうか。

コスモチェーロの16

コスモチェーロの16です。
出資馬のウインヴォラーレの弟になります。
父がステイゴールドからオルフェーヴルに変わりますが、信頼は揺らぎません。
むしろ個人的にはオルフェーヴルは種牡馬としても父を超えるのではと期待しています。
兄はそれほど大きくはありませんでしたが、すらりと脚が長い馬でした。
この馬はどんな感じなのか、楽しみにしていました。
写真を見て思ったことは、兄に似ているな、ということです。
後駆が後ろに付いていて大きなフットワークが期待できます。
お尻も幅はありますし、目立つほどではありませんが斜尻で切れのある走りができそうです。
兄のウインヴォラーレの募集時を改めて確認してみました。
お尻の形なんかはそっくりなんですよね。
と、まあ結構兄の募集時の感想のコピペで文章が書けます。
兄と違うところを上げれば、早生まれな分こちらの方がボリューム感はあるということでしょう。
牝馬の中では一番立派な馬格をしています。
兄はツアー前は口数を普段より増やそうかと考えていたくらい気に入りました。
ただ、心配になるくらい細くて、口数を元に戻した経過があります。
この馬はツアーでも評価は落ちないですね。
むしろ冬毛が抜けて凄く見栄えがする馬体になっていました。
何より、顔が美人さんですね。
現時点では兄を超えているのは間違いないと思います。

カタログでは冬毛ボウボウの写真が多いのですが、全体的に見栄えが良くなっていましたね。
出資は決めている、というかツアーで1頭は申し込みました。
その辺はまた別途書いていきたいと思います。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/1138-948c7fd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック