FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今年の1歳馬の出資状況
今年の1歳の出資馬は今のところ3頭です。

ラフィアンからはケージーヒトメボレの16
ウインからはコスモチェーロの16
キャロットからはコンカランの16

丁度各クラブ1頭ずつとなります。
今までの出資頭数からすれば、今年はこれで十分ともいう感じもあります。
ただ、もう少し考えたいというのもありますね。
そんな中、ラフィアンとウインの2次募集カタログが来ました。
その感想と併せて、残口がある馬についても書いていきたいと思います。

まずラフィアンの2次募集で気になるのは、パシフィックベルの16ですね。
ゴールドアリュール産駒の大型馬で、これだけ大物感がある馬はなかなかいないです。
ウインだったらまず出資に行っていたと思いますが・・・ラフィアンなんですよね。
100分の1の負担が重くて、ラフィアンの口数を減らしたいと思っている中で、どうなんでしょう。

ウインの方は、うーん、今のところ出資したいという馬はいないかなぁ。
グランプリボスの2頭は良さげですが、今一歩ピンと来ないです。
馬の形でいえばワキノバクシンの16が好みですが、ちょっと小さいですね。
あとDVDでの動きが細かすぎて、伸びやかさが足りない感じがします。

いずれにせよ今回の2次募集ですぐに出資するということはないです。
パシフィックベルの16は残るようなら考えたいと思いますが、多分人気だと思います。

後は残口がある中で、まず取り上げるのはキャロット。
もうほとんど売り切れですが、残っている内の1頭がレーヴディマンの16です。
私のメイン厩舎ともいえる田村康仁厩舎ですが、キャロットでは評判はイマイチなのでしょうか。
日本に来てからの兄弟は微妙ですが、海外ではG1ホースもいますし、基本的には良く走る血統です。
馬体自体はバランスが取れていて、いい感じに見えます。
あとは小さいことが嫌われている要因でしょうね。
人気が無いのなら出資してしまおうかという天邪鬼的な気持ちも起きなくはないです。
まぁ、走ると同時に故障が多い血統でもありますからね。
ここは、我慢我慢で、あまり長く残るようなら考えたいと思います。

ラフィアンからは1頭、マイネランデブーの16です。
ラフィアンの口数を減らしたいと言ってますが、自分の元出資馬の子は別腹です。
ツアーの時から一貫して気になっていますが、今回は写真がアップされました。
バランスは多少は整ってきたかなぁ、と感じました。
まぁ、ツアー時との比較の問題で、他の馬と比較するとお尻は寂しいですし、良くは見えないです。
こちらは本当に人気ないんですよね。残口は92口ですよ、92口。
2口はクラブの持ち分とすると売れているのは6口だけ。
なんかねぇ出資しなくちゃいけないような気持ちになっちゃうんですよね。
とりあえず、年末まで様子は見たいと思います。

ウインからは2頭。
まずは、スガコの16。
更新されている写真や近況を見ると、凄くいい感じです。
大型馬らしくない、柔らか味がある動きというのに魅力を感じます。
乗り出してからの様子が楽しみですね。
そしてもう1頭がピサノサンデーの16です。
ツアー時と比較すると凄く成長しましたね。
ただ、写真をみるとなんか違和感を感じます。
曲飛は特徴と割り切っていますが、脚長な割に首が短くアンバランスな印象です。
ただ、その成長力は魅力で、こちらも乗り出してからが楽しみです。

今回のは覚書みたいなもので、今すぐ出資する気はありません。
それぞれ募集締め切りまでジックリ様子を見ていきたいと思います。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/1172-be9d4034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック