FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインオリアート、ありがとう。
ウインオリアートの引退のお知らせが届きました。
最後のレースから結構経った感じですが、精算とかその辺の都合ですかね。
2012年に出資を決めてから、5年間、本当に長く楽しませてくれました。
当初は馬体重がー、気性がー、胃薬だー、の馬でした。
背はスラっとしていましたが、幅がなく、すぐガレてしまうような馬でした。
現役最後の頃はそういった心配もなくなり、立派な馬になりました。
420㎏で走っていた馬が最終的には460㎏までになりました。
本当に成長を感じることが出来る馬でした。
こうして無事繁殖に上がることができ、とても喜ばしい限りです。

戦績を振り返ると、私の出資馬の中の色々な面で記録に残る馬となりました。

まず、私の出資牝馬の中では最多賞金獲得馬となります。
一口馬主DBによりますと、それまではマイネヴィータの8,006万円が最多でした。
初めての出資牝馬でもあり、それから十数年、超える馬が中々でなかったということです。
ようやく、という感じですね。
最終的に9,860万円を稼ぎだしました。
ここまで来たら1億円を稼ぎたかった、という気もする数字ですね。

また、引退レース前にも書きましたが私の全出資馬の中で最多出走馬となります。
39戦で、それまでのマイネルアーバニタの38戦を超えました。
他に30戦以上はマイネイディールの36戦というのがあります。
1年間長くやらせていただいた分、ですね。
これも、どうせなら切りよく40戦と行きたかった、という気もしますかね。

あと、心残りは重賞に1回ぐらいは出走したかったな、ということです。
格上挑戦の可能性もあったのですが、結果的にはずっと自己条件のままでした。
福島牝馬Sに出るという話があった時はちょっとドキドキしたものです。

なんか、こうして振り返ると微妙に心残りがあるような記録となっています。
が、ウインオリアートには母になるという大切な仕事が残っています。
それらのことは次の世代に期待したいと思います。
いい子を産んでもらって、出資出来たらと思います。
そして母を超えるような馬になってくれたら最高です。
期待しています。

ウインオリアート



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/1180-f4fee0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック