FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
流石はモレイラ様
本日の中山10R習志野特別1000万下条件芝2,000mにマイネルファンロンが出走しました。
鞍上にモレイラ騎手を迎え、万全の態勢です。
セントライト記念を使わず、こちらに向かったのも鞍上のことがあるのでしょうね。
人気は随分とあるようですが、多分に鞍上人気があります。
前走の感じですとどんな乗り方をしても勝てるとは考えてはいません。
ただ、メンバー的にはそんなに高いレベルではなさそうです。
ここで苦戦するようなら今後も厳しいだろうな、と漠然とした不安を感じていました。

レースですが、スタートは普通。
引っ掛からないようソロリソロリという感じですが、それでも行きっぷりはいいです。
外枠でも、他の馬の後ろにつけたいところですが、中には入れさせてもらえません。
ペースはスローに落ちますが、それでもずっと外を回らされます。
それならばと1000m標識手前から一気に仕掛け先頭に立ちペースを上げます。
3コーナー4コーナー辺りでの手応えは十分で、追いかけてくる馬の方が苦しそうです。
直線に入り追い出しますと一気に突き放します。
最後はバテましたが、それでも安心感があるのが鞍上の効果でしょうか。
1と1/4馬身余裕を残して1着でゴールしました。

いやぁ、流石はモレイラ様というところです。
内に入れないと見るや、臨機応変な対応。
あれだけ早めに仕掛けて、持たせてしまうのも凄いですね。
ラップを見ると1000mからコンスタントに11秒5くらいを刻んでいるんですよね。
最後は坂もあるので落ちましたが、それでもいい脚を長く使ってくれました。
レース前に感じていた不安も吹き飛びました。
馬の良さを引き出した鞍上の腕に驚くばかりです。

次走ですが、状態次第では菊花賞という話もあるようです。
ただ、どうも菊のモレイラ騎手の鞍上は決まっているみたいですね。
いい脚を長く使ってくれる馬ですが、折り合いに不安がある馬でもあります。
本質的には長距離馬とは思いますが、ずっと2000mを使ってきてどうなんでしょうね。
かといって準オープンでもこれといったレースは見当たらないんですよね。
果たしてどんな選択をすることか。
どのレースを使ってくるにせよ、楽しみですね。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/1261-ef8774a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック