FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
キャロット募集の個人的なピックアップ
そろそろキャロットの募集について、書いていきたいと思います。
昨年最優先でファーストフォリオをゲットした私は×無しです。
サンルイスも引退し、キャロットの現役は1頭だけ。
今年も出資はしたいところですが、中々欲しい馬に出資をするのは厳しいところです。
ピックアップを書いていきたいと思いますが、思うようには行かないでしょう。
最終的に申し込むのは票読みをしながらということになりそうです。

まずはヒストリックスターの18ですね。
今年はディープインパクトが亡くなり、産駒に出資する機会も残り少なくなりました。
一度も出資していないので、噛みあうようなら出資をしたいという思いがありました。
で、ディープの子を比較してみたのですが、やはり一番良く見えたのはこの馬です。
血統もいいですし、馬体も少なくとも現時点ではディープの子の中では一番でしょう。
お値段が高いのも何となく分かるような気もします。
×無し最優先で引っ掛かるものなのか。
お値段パワーで申し込みが少なくならないかな、などと考えています。

次はアヴェンチュラの18です。
この馬の場合、見るからに歩様が怪しいんですよね。
おそらくそんなに人気は出ないんじゃないかな、と推測しています。
血統はいいですし、馬体の迫力もあります。
脚が曲がっていても走る馬は走るという考えもあります。
なんか出資が厳しいんで、逆張りしたい気分になるんですよね。
一般枠でそっと入れておいて、もしかしたら当選するかもしれない。
そんな思いで申し込むかもしれません。

次はシユーマの18です。
今回は縛りを設けて、その中で良く見えたというピックアップが多いです。
この馬の場合はそういう縛り無しで、一番良く見えました。
脚の長さやお尻の形が好みですし、馬格もあります。
母は欧州G1ホースで、父のロードカナロアはもはや言うことは無いでしょう。
ロードカナロアは産駒デビュー前から成功すると思っていたのですよ。
まぁ今更ではありますが。
距離の持つロードカナロア産駒になるのではないでしょうか。

次はジュエルトウショウの18です。
安めな馬で、何とか一般枠で出資できないか、という基準で選んでみました。
今更オルフェーヴル産駒、というところから人気の盲点にならないかな、という狙いです。
ちなみにオルフェーヴルも産駒デビュー前は成功すると思っていました。
現状は・・・成功しているとは言い難いですね。
お祖母ちゃんはそれはそれは個性的で魅力あふれる馬でした。
血統配合的に母系にフォーティーナイナーが入っているのは父との相性からしていいですよね。
大きさは普通で、バランスも悪くないです。
動画の動きもなかなかいいと思いました。
ただ、最優先で申し込むような馬でもないかな、とも考えています。

次はヒルダズパッションの18です。
こうも申し込みが厳しいと母馬優先の偉大さが分かります。
やはり牝馬に出資して、将来に繋げたいというのはありますね。
で、牝馬の中で一番良く見えたのがこの馬です。
ドゥラメンテ産駒は、もうコスモチェーロの18に出資しております。
別に凄く期待しているというわけではありませんが、巡り合わせですかね。
牝馬としては堂々とした馬格を誇ります。
動画の弾むような歩きが好みでもあります。

最後はピースエンブレムの18です。
安めな馬で、何とか一般枠で出資できないか枠で選んだ馬です。
小さめな馬ですが、お尻の形なんかは好みです。
動画の動きも雰囲気出てると感じました。
厩舎もマイネルメリエンダがお世話になりました。
選んでおきながら、母馬優先無しなのに一般枠では厳しいのかな、とも思います。
こちらも、最優先で申し込むような馬ではないかな、と考えています。

最優先候補はヒストリックスターの18、シユーマの18、ヒルダズパッションの18ですね。
奇しくも母馬優先が無い3頭になりました。
票読みしながら、なるべく行けそうなところに申し込もうかと考えています。
最優先は大きくブレることは無い・・・と思います。
昨年は突然変えた前科はあるのですが。
アヴェンチュラの18とジュエルトウショウの18、ピースエンブレムの18は一般枠で可能性があるかどうか。
正直一般枠は全然分からないですね。
出資できる可能性がある馬を改めて見直すことになるのかな、と考えています。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/1362-bf85fad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック