FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインクリムゾンの引退にあたり思ったこと
ウインクリムゾンの引退通知が届きました。
年末年始を挟んだせいか、少し時間が掛かりましたね。
復帰可能な故障ではあるものの、能力的にも限界を見せていた馬です。
前にも書いた通り、仕方ない判断であるとは思っています。
競走能力の限界を出し切れたかという点について言えば悔いはないです。
そう思えるだけ走り続けてくれたことは本当に有難いことです。
それでは引退にあたり、思うことを書いていきます。

募集時、この馬は強みと弱点がハッキリしている馬でした。
普段の歩きでもフラ付くようなところがあり、芯がシッカリしていない馬でした。
手足の長さの割に細身で筋量が足りていないということが一目瞭然でした。
一方でその手足が長さ、そして柔らかさ。
大きなフットワークをするであろうことは容易に想像できました。

好き嫌いでいうと、こういう馬私好きなんですよね。
ただ、そういう馬に出資してきて失敗してきた経過があります。
そんなわけで、もう少し筋肉の質も見極めようと思ってはいます。
ただ、この馬はそういう手足の長さとか柔らかさが際立っていました。
これで結果が出なかったら、手足の長さ、柔らかさだけで決めるのはラストにしよう。
そう思って出資を決めた馬です。

果たして、どう評価すべきかは微妙なところです。
未勝利を勝ち上がり1勝クラスでも運があれば、勝てたかもしれません。
それなりに結果を残したと言っていいと考えています。。
ただ、一定の限界を示していたことも事実です。
手足の長さ、柔らかさも重要な項目ではあると考えています。
一方で筋肉の質は見極めていく必要がある、とも考えています。
両立していかなければならないというのが、この馬の出資を踏まえての結論です
そういいながらも、サクセスストレインの18なんかに出資しちゃているんですよね。
今のところの評価は手足の長さ柔らかさだけの馬になっちゃってます。
ただ一応あの馬はツアーでは俊敏な動きを見せていたんですよ。
手足の長さ柔らかさに比べると筋肉の質を見極めるのは難しいですね。

今後ですがサラブレッドオークションで売却されたそうです。
地方を走ることになるんですかね。
私の手を離れますが、頑張ってほしいと思います。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/1394-917903c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック