FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルシアター物語と音楽
さて、マイネルシアター物語ですが、ベクターでのランキングが99位に落ちました。
どういうふうにランクを作成しているのかは分かりませんが、登録した当初にダウンロードしていただいたデータが落ちたものと思われます。
となると、あとはズルズル下がるだけでしょう。
この間書いた76位というのが最高ランキングということになると思います。

さて、「サウンド」ノベルとうたっている以上、少し音楽について触れておきましょうか。
使っている曲は7つ。それぞれについて触れてみたいと思います。

オープニング&エンディングテーマ
これ一応自作曲なんです。
一応と言っているのは、こういう風に作曲をしていると「何かにインスパイアされたのではないか?」という心配が常にあるからです。
一応オリジナルのつもりで、何か近い音楽があっても真似したわけではありません。
ただ、どこかで聞いたような気もする・・・不安です。
イメージとしてはよくあるアニソン風、という感じで作ってみました。
歌詞はありませんが、歌詞をつけて歌えそうな感じをイメージしてます。
ソフトはCakewalkという音楽制作ソフトとしてはスタンダードなものを使っています。
芸が無く思いついたメロディーの音符をバシバシ打ち込んでつくりました。
ただ、イマイチソフトを使いこなせてないので、条件によっては自分の意図したのと違う音楽になっているかもしれません。
アニソン風ということで、オープニングとエンディングに使いました。単純です。
本当はメロディは同じでもテンポを変えたり、片方をインストゥルメンタル風にするとか、微妙に工夫しようかとも思ったのですが・・・、結局同じ曲を使いました。
まあ、自作曲ですので、ちょっと扱いが特別です。


このオープニング&エンディングテーマ以外は全て「魔王魂」さんのサイトからの借り物です。
サイトはこちら
「魔王魂」さんのサイトではどちらかと言えばRPGゲーム用の音楽を意図して作っているようです。
曲名もそんな感じで、RPGのこういう場面の音楽を使ってるんだ、と考えると結構面白いかもしれません。

村01
ゲームを始めて最初に流れるテーマ。
のんびり穏やか、そんなイメージです。
牧場をイメージして選曲したので、「村」というのはそのまんまな感じです。

ロック07
シアターが入厩して、レースシーンのときに流れるテーマ。
音楽としての我を強く主張しない程度に、それでいてどことなく勇ましい感じの曲、そんな感じの曲を探していました。
雑魚キャラ用の戦闘音楽の方を探していたのですが、こっちの方がピッタリです。
音楽単体で「聴く」と短いし、つまらないものなのかもしれませんが、こうBGMとして自然にループする中で「聞く」といい感じです。

城03
ダービーが終わった直後及びエンディングの手前で流れるテーマ。
おそらく、RPGでいうとボスを倒して城に帰ってきた、そんなときの音楽なんでしょうね。
そのイメージが一段落したときに流すテーマとしてピッタリでした。

ダンジョン01
シアターが屈腱炎を発祥した直後から流れるテーマ。
とにかく、暗い曲!と思って探していたのですが、やっぱりダンジョンとなるわけです。
ハーブに縦笛というのがダンジョンの基本ということらしいですが、縦笛の音がいい感じを出しています。

戦闘曲20
シアターが館山特別に向かうときのテーマ。
ラスボスというジャンルもあるのですが、これは雑魚キャラの戦闘曲なのでしょうか。
でも雑魚キャラよりはラスボスのイメージですね。
ずっとレースシーンでは「ロック07」を使ってきましたが、見せ場なんだよ、ということを見ている人に意識づけるために敢えてここで音楽を変えてみました。
こういう手法ができるのもサウンドノベルならでは、ですね。
個人的にはこの音楽が流れる瞬間が大好きです。

オルゴール09
シアターが館山特別を勝った直後に流れるテーマ。
勝った後は派手にファンファーレを流すという選択肢もあったかもしれませんが、シアターの刻んだ苦労とかを考えると、むしろこういうしっぽりとした感じのを流したかった。
オルゴールっていいですね。

どういう感じで選曲したのか、を主に触れてみました。
選曲作業は結構楽しいものです。
こういう作業は、もうしばらくはできないでしょうが、またやってみたいです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/140-429be2ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック