FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
病院の話 その2
前の話が病院否定みたいな捉え方をされると心外なので、この話もしておく。

私も昔入院したことがある。もう、6,7年くらい前のことだろうか。
外科的なもので別に命がどうこうというような病気ではない。
仕事も休めるわけだしノンビリできるいい機会でもあったのだが、病院のあの雰囲気というのはなんとも憂鬱な気分にさせられる。
退院許可がでたら直ぐその日のうちに退院したことを記憶している。
その時の話である。

夜、寝ていて、ときおりモーツァルトが流れる。それも夜通し。
最初は何か分からなかったのだが、途中でナースコールということに気がついた。
看護婦さんを始め、病院に勤める人って本当に大変だなぁって率直に思った。
私自身は命に別状があるわけではなかったので、多少苦しくてもナースコールを押すのが非常に躊躇われた。
結局2週間の入院中一度も使わなかった記憶がある。

職業柄他人の収入を目にする機会が多いのだが、医者はともかく看護婦の収入は驚くほど安い。
これまでに過酷な労働条件であるにも関わらず、だ。
人の命を預かる大切な仕事でもあり、余裕を持って仕事ができる・できないとでは、人の生死にも関わってくる恐れがある。
病院の労働環境が改善されることを切に願わずにはいられない。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/150-97ba4e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック