FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
皐月賞をみて思う事
馬場のせいでしょうか、典型的な行った行ったのレースでしたね。
有力どころは脚を余してしまい、前半での位置取りが命運を分けた感じです。
とはいえ、ヴィクトリーは暴走気味に先頭に立ちながらも押し切ったことに、能力の高さも感じます。
勝った田中勝春騎手は久々のG1勝ち、おめでとうございます。

すっかり馬券への意欲が無くなってG1すら買っていない私としては、このレースを一つのG1レースというよりも、ダービーへの最重要ステップという目で見てしまいます。
やはり、マイネルヘンリーがダービーを目指すから、でしょうね。

さて、ダービーへ向けての分析を行いたいと思います。
このレースを見て、やはりダービー最右翼はフサイチホウオーであることを改めて確信させられました。
共同通信杯のときは太め残りで、正直不甲斐ないレースだと思っていたのですが、今回は絞れていて、本来の末脚を発揮できました。
今回の競馬ができればダイレクトキャッチに追い詰められる事もないでしょう。
ただ、もともと不器用な馬で、その辺が今回出てしまっただけという感じです。
直線が長い東京コースに変わるのは間違いなくプラスでしょう。
あとは体調面。調整が難しそうな馬ですので、その辺がポイントになると思います。

勝ったヴィクトリーはやはり精神的な面での不安があり、ダービーに向けては危うさを感じさせる内容ではありました。
ただ、そのような面を見せながらも押し切ったことに対して、高い評価を与えなければならないと思います。
今回のような内容ではさすがにダービーは苦しいと思いますが、そのような面を見せずにすんなり流れにのれれば、またあれれ?というような事もあるかもしれないです。

他の馬たちですが、実は今回のレースの4番人気までの馬で上がり3Fで上位4頭を占めています。
それぞれに脚を余したという感じで、人気の馬たちはそれなりの能力があることを示したということだと思います。
アドマイヤオーラは勿論ですが、ドリームジャーニーやココナッツパンチも将来的には巻き返しを期待できるのではないでしょうか。
ただ、アドマイヤオーラやドリームジャーニーはピッチ走法気味な馬で(ココナッツパンチは良く見てないや。)コース的、距離的な不安はありますし、ダービーへの上積みという面では、フサイチホウオーに分があると思います。

サンツェッペリン、メイショウレガーロあたりは今回は恵まれた感があり、ちょっと苦しいでしょう。
おやおや、マイネルヘンリーと京成杯で戦った組じゃないですか。(^^;

さて、本ブログとしてはマイネルヘンリーがどう立ち向かえるか、ということを語りたいところではあります・・・が、それは青葉賞で権利を取れてから、ということにしときます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
いつも役に立つ情報ありがとうございます


私もブログを始めましたので

もしよろしければ暇なときにでも見に来てください


では頑張ってくださいね
2007/04/15(日) 18:45:51 | URL | 競馬大好き野郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/223-114d8ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック