FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルグリッツァの結果は想定の範囲内です。
今日、競馬場へ出掛ける前の事です。
家族から今日の出資馬の出走に対して、手応えを聞かれました。

「昨日(マイネルアーバニタ)と比べると厳しいんじゃないかなぁ。ビリも十分ありうるかも。」

結構冷静ですね、自分。
今日の結果ですが、私としては想定の範囲内です。
まずは、写真から。
返し馬でヤンチャなところを見せるマイネルグリッツァを必死に抑える吉田豊ジョッキーの図です。

グリッツァ、暴れる?

さて、今日のマイネルグリッツァですが、パドックで見たところ、かなりノンビリ歩いていました。
ちょっと油断していると前のマイネルキッツからドンドン引き離されてしまいます。
うーん、こんな馬だったかなぁ?
休み明けということもあって、気持ちが競馬に向かっていなかったことが推測されます。
馬体重もプラス16kg。
仕上がりはもっといいのではないかと思っていたのですが、精神的にも身体的にも休み明けという感じだったのかもしれません。

そして、レースです。
とにかく楽に逃げる事ができることが好走の条件です。
しかし、同枠のアフリカンビートが飛ばす飛ばす。
1000m通過が58秒7のハイラップ。
もう、この時点でスタミナの無いマイネルグリッツァにとって、今日のレースは終了です。
結果は案の定といいますか・・・ビリでした。

結果自体は想定の範囲内なので、それほど悲観してはいないのですが、やはりレース選択としては疑問に感じます。
うーん、常々言っていることではあるのですが、この条件は向いていないと思うのですが・・・。
まあ、超スローに流れてくれれば可能性が無い事も無いのでしょうが・・・。
個人的には父同様に芝の短距離戦がベストだと感じています。

多分、次走は障害戦になるでしょう。
でも、その前にスプリント戦で差す競馬を試してもらいたい気持ちもあります。
まあ、こればっかりは陣営が決める事ですからね。
どんなレースを使っても、応援していくだけです。

     マイネルグリッツァ     マイネルグリッツァ     マイネルグリッツァ、直線

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/231-d94e6c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック