FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルヘンリー、通り雨の後は明るい未来が待っていると信じて・・・
本日、青葉賞に出走したマイネルヘンリーですが、10着に敗れました。

まずは写真から。

マイネルヘンリー

             マイネルヘンリー        マイネルヘンリー

午前中は素晴らしい天気で、競馬場についた午後2時半くらいはまだまだいい天気でした。
しかし、徐々に空模様は怪しい雰囲気を出し始め、青葉賞出走馬がパドックに入場してきた3時頃にはポツポツ、そしてザーザーと雨が降り始めてしまい、写真撮影には最悪のコンディションになってしまいました。
ベストは尽くしたつもりですが写真としてはこんなもんです。
カメラの事についてはまた別途書かせていただきます。

雨の中、パドックに登場したマイネルヘンリーですが、悪くはなかったと思います。
馬体重的にも大きな変動はなく、追い切りの動きなど総合的に考慮すると、良くも悪くも平行線という出来に見えました。
本場場入場ですが、雨が降りしきり雷が鳴るような状況で、まだまだ若い3歳馬たちには落ち着かない状況だったのでしょうか。
ノワールシチー、エフティイカロスの2頭が放馬をしてしまいます。
特にノワールシチーの放馬はマイネルヘンリーの眼前であった出来事で、マイネルヘンリーも少しビクつきましたが、なんとか連鎖反応は起こさずにすみました。
そのあとはスムーズに待機所へ返し馬をしていったのですが、なんか荒れたレースになってしまうのではないか、という予感をさせる返し馬でした。

レースです。
スタートは良かったとは思いますが、このことにより中団グループでもまれる事になります。
道中はスムーズに運べず、少し引っかかり気味のように見えました。
直線でも外に出せません。
どうせならラチに頼るならラチ沿いを走らせてやれ、という判断にも思えましたが、前にスペースが出来た瞬間にすっと入れるような瞬発力もなかったです。
どこかで見たようなレース振りだと思ったら、毎日杯と全く同じですね。

敗因はとして考えたのは3つです。
1つは直前の雨。
上がりが掛かる展開は望むところですが、跳びの大きい馬ですから滑るような馬場は良くなかったのでは、と推測されます。
毎日杯のレース振りからも必ずしも雨は得意ではないような気がします。
1つは枠順。
内枠を引いてしまい、騎手も前へ行こうという意識が働き過ぎたのか、引っかかってしまいスムーズな競馬が出来ませんでした。
外枠でソッとだし、道中はゆっくり折り合いに専念して、直線に全てをかけるというゆりかもめ賞のときのような競馬ができればもう少し違っていたかもしれないと考えます。
そして最後の1つですが、馬の能力です。
マイネルヘンリーの今までのレース振りを見る限りでは、まだG1を戦うには厳しいと思っていました。
しかし、G1クラスになるような馬はあるタイミングで急激に成長していくということがあります。
父、祖父と受け継ぐ晩成の血から大きく化けてくれるかもしれないという期待はありました。
ただ、稽古の動きからはそこまでの期待ができないことは薄々は感じていました。
このブログを読んでいる方なら、私のマイネルヘンリーに対する発言の微妙な変化を読みとって頂けると思います。
残念ながらダービーに出れるだけの能力の伸びが無かったということです。
都合のいいことを書いていて、こんな事が満たされれば勝つに決まっているじゃないか、という人もいるかもしれませんが、馬が勝つときは全てが満たされたときであることが多い、というのが私の考えです。

なんにせよ、現状はこんなものです。
マイネルヘンリーには本当にお疲れ様と言いたいです。
悔しがっていると思っている人もいるかもしれませんが、結構サバサバしていますよ。
もともとダービーよりも菊、菊よりも古馬になってからの馬だと思っていましたからね。
故障無く無事走り続けていれば、きっといいとこのある馬だと思います。
このあとは、とりあえず放牧でしょうか。ゆっくり休んでもらいたいと思います。


競馬場から帰るとすでに雨はやんでいました。
本当にただの通り雨だったみたいで、暗い雲の中から太陽が顔を出そうとしていました。
とりあえず写真を撮ってみました。

暗い雲から太陽

なぜ、こんな写真を突然撮りたくなったかというと、まるで今日の天気がマイネルヘンリーを暗示しているように思えたからです。
毎日杯、青葉賞、マイネルヘンリーにとっては少し不本意なレースでした。
まるで今日の雨のようでもあります。
しかし、直ぐに雨は止み、少しずつ太陽が顔を出していくのを見ているとマイネルヘンリーの未来にも明るい晴れ間が待っているのでは、とそう思えるようになってきました。
秋の目標は菊花賞でしょう。
より大きな能力の伸びが必要ですが、マイネルヘンリーはその期待をかけてもいい馬だと思います。
明るい未来に向けて頑張ってくれる事を期待したいです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/237-483748ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック