FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
テレコン買った
マイネルヘンリーの青葉賞ですが、新しいブツを持って応援に行きました。
それがこれです。

TCON-17

オリンパス純正のテレコンバージョンレンズTCON-17+ステップアップリングです。
今まで愛用しているE-100RSにつけると1.7倍まで望遠が伸びます。
このブログでいろいろとデジ一眼の検討の様子を書いてきましたが、まあとりあえずしばらくはE-100RSを使うぞ、という宣言みたいなものです。
で、とりあえず試し撮りのがこちら。
家の2階から庭にあるモッコウバラを撮ってみました。
上がテレコン無し、下がテレコン有りです。

モッコウバラ

モッコウバラ

1.7倍よれるという感じが分かりますね。
同じ条件で撮ったのですが、特に暗くなってシャッタースピードが落ちるということも無かったです。
うっかりワイド側にズームするとケラレますが、望遠端なら4隅の減光もない、いやあるのかも知れませんが気がつかないレベルです。

E-100RSの望遠は光学ズームのみの場合35mm判換算で350mmまで使えます。
芝のレースならコース沿いにへばりつけばなんとかなりますが、ダートのレースではちょっと物足りません。
これを使えば350mm×1.7倍ですから595mm相当、なかなかのいい感じで撮影できます。
実は今日のレースは雨が酷いため、本馬場入場後の写真はスタンドの中から撮っています。
それで、これだけよれれば十分ですね。
重さも先週デジ一眼を振り回していたのに比べれば全然楽です。

今回の購入でE-100RSがパワーアップした一方、今日のような悪コンディションで課題も見えてきました。
最近分かったことは馬の写真でピタッと止めたい場合はシャッタースピードは500分の1秒が目安になるということです。
そのため悪コンディションだった今回はISOを限界まで上げ、絞りも開放で撮っていたのですが、それでもちょっと厳しく、ブレが大きい失敗写真だらけになってしまいました。
ちなみに今回のブログでアップした写真のシャッタースピードはパドックの写真で50分の1秒、本馬場入場後の2枚が320分の1秒になります。
さらに、E-100RSの限界であるISO400では、下の写真を見れば分かるとおり、かなりノイジーです。
E-100RSのレンズ自体は望遠端のF値で3.5とけして暗いレンズではないのですが、やはりもう少し優秀な高感度性能も兼ね備えたいところです。

デジ一眼検討は待ち、が現在のスタンスなのですが、その辺も考慮して検討をしていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/238-a973868b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック