FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今年の出資候補馬 ~ロージズインメイ産駒編~
今年度の募集馬のカタログとDVDを一生懸命見てます。
やはり、こうして選んでいるときは楽しいですよね。
さて来週末のツアー参加の前に、ある程度候補を絞っておくと以前に書きました。
そろそろ書いておこうかと思います。
ロージズインメイ産駒1頭とそれ以外に1頭にしたいということも書きました。
今日はロージズインメイ産駒の候補馬を書いておきたいと思います。

さて、最初に荒く候補を残していくと気がつくとロージズインメイ産駒がかなり残りました。
全般的に粘りがある産駒が多くて、種牡馬としての成功を予感させます。
とりあえず、3頭ほどピックアップしたいと思います。

まずはマイネポリーヌの07。
お兄さんのマイネクロッシュが評判になっていまして、まもなくデビューですね。
6月13日とかなり遅産まれな方ですが、それを感じさせない力感が感じられます。
ヨロの発達具合が素晴らしく、カタログでみるよりもDVDの方がさらによく見せます。
さらに動きも粘りがあってキビキビした印象を受けます。
牧場スタッフ情報では短距離向きとなっていますが、距離はこなせると思いますよ。
もしかしたら少し小さいのかもしれませんので、その辺はチェックしておきたいと思います。

比較的落ち着いた値段なところではミスクラブアップルの07。
ロージズインメイ産駒の中では馬格があるほうのようです。
牧場スタッフ情報では「パワーで押し切る!」とありますが、まさにパワーを感じます。
それでいて産駒の特徴である粘りが消えていません。
ダートも走りそうですが、芝も走れるようなタイプになりそうな気がします。
血統的に平凡なところが少し気になりますが、なかなかいい馬だと思います。

そして、なんと言ってもマイネヌーヴェルの07。
叔父の活躍はまだ記憶に新しいところです。
血統的には牧場で一番期待されていると言っていいでしょう。
牝馬としてはかなり馬格がある馬のようです。
漆黒の馬体から漲るパワーを感じさせます。
グタグタと分析するよりも、雰囲気を感じられる馬なことが素晴らしいです。
ただ、DVDでの動きは意外と硬めに映りますので、その辺を注視してみたいです。

「とりあえず」と書きましたが、実はまだ絞りきれていないのが現状です。
今回書いたのは絞った中でもコメントが書きやすい馬を選んだ部分もあります。
なんにせよ、ロージズインメイ産駒で魅力的な馬が多いということは素晴らしいことです。
是非、種牡馬としての成功を期待したいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
私も出資馬検討中!!
ご無沙汰しております!
最近、なかなか書き込みが出来なくてごめんなさい。
ですが、アーバニタの活躍はちゃんとビデオに保存して見てますよ(笑)
前回は1600mで忙しい競馬になりましたが、忙しいなりに最後までアーバニタは伸びていましたね。府中の直線は長いとは言えど、後方からの競馬では6着が精一杯かもしれません。今回は正直距離が短すぎましたね。内容は悪くなかったと思います。
それから、松岡騎手とのコンビも2戦続きましたが、なかなか良いですね!アーバニタの脚質を上手く生かした乗り方をしてくれているような気がします。次走は、休養をしっかり取って函館D2400mですね。条件的には申し分ないですから、体調を整えて待望の2勝目に期待したいところですね。
そういえば、前走2着に入ったのが社台のワインアドバイザーでした。アーバニタとは因縁めいたものがあって、レースで顔を合わせる事が多いんですよね。ワインアドバイザーの方はマイルでも結果を出していますし、現状の500万条件ダートレースでは8戦連続で掲示板を確保する等、安定感もありますので実力は上位ですね。2000m以上の距離であればアーバニタの方が力は上と見ていますが、この先もライバル馬として参戦してくる事は必至ですね。アーバニタと揃って良いレースを期待したいところです。

話変わって、私の所にも今年の会員募集のカタログが届きました。管理人様は来週のツアーに行かれるんですね!本当に羨まし過ぎです!!私も出来る事なら、直接自分の目で見て、馬の性格を感じ取って決めたい所ですが、仕事がそれを許してくれないので、DVDを吟味して見て決めます。
私の決め方は去年も書きましたが、

①所属が関東であること。
 関東人ですから、絶対に譲れません(笑)
②顔立ち
 愛きょうのある可愛い顔。長い間、出資馬の活躍を愛着を持って見届ける訳ですから、結構重要です。アーバニタは顔で決めました(笑)
③性別
 出来ればオスで・・・。
④適正
 出来れば中長距離。芝ダートの適正はアーバニタの活躍を見て気にしなくなりました。

 こんな感じで決めているのですが、現時点では、

①マイネノエル07
 昨夏、出資馬マイネフェニーチェを見に行った時、一緒にいた姉マイネチャペルが人懐こくて可愛かった(笑)。ノエル07にもその面影が出ている上、姉チャペルが今のところ順調に仕上がっているようで、早期デビューが期待できる状況にある。母親がタフな馬だったから、きっと末永く活躍できるのではと期待。課題は距離の融通がどこまで利くか。

②サバルヤード07
 期待の新種牡馬ロージズインメイに初年度くらいは賭けてみたい。母父ノーザンダンサーとのコラボレーションは興味津々。同馬が13仔となるが、それは母親がタフな証。顔も可愛い(笑)

 今のところ、この2頭が有力です。今年は2頭にするか、1頭で我慢するか、非常に悩んでいます。
 あ!!!今血統表見たら、ノエルの曹祖母がサバルヤードなんですね・・・。双方とも丈夫な馬ですから、血統的にもますます興味が出てきました。思い切って2頭に出資するかもしれません。。。(笑)

 その他には、マイネメリアン07(人気殺到が予想されるが、走る目をしている、スリムな品のある女性といった印象。)、トゥインクルレイン07(惚れ惚れする馬体、トップガンの仔にしてはパワフルな感じ、大成の予感、関西馬でなければ絶対に出資したい馬。)が良く見えました。

 長くなりましたが、3年前のアーバニタのセールスポイントが「ゴムのような粘りのある馬」でした。今のアーバニタはまさに粘り強い良い馬に育ちましたね。今年の出資馬達がどんなデビューを迎えるのか、今から楽しみです。お互い、希望の馬に出資出来ると良いですね!
2008/06/22(日) 22:42:49 | URL | 桃ちゃん #-[ 編集]
牧場行って選んできます!
桃ちゃんさん、こんばんは。
私も最近、忙しくてこんな時間にレスしてます。

アーバニタのレースはいかにも距離不足な内容で、能力的にはなにも悲観してません。
好ライバルであるワインアドバイザーが好走していることもそれを裏付けるものと感じてます。
次走は条件的にも向きますので、好走してくれると思います。

出資馬の方ですが、選び方としては合致してない部分が多いと感じました。
関東関西や牡馬牝馬は全く気にしません。
多分カタログやDVDだけで選ぶときっと違う馬を選んでしまうんだろうな、と思いました。
ただ、牧場で馬を見てしまうと可愛い顔とか性格とかが、気になってしまいます。

さて、桃ちゃんさん候補の2頭の私自信の評価ですが・・・
マイネノエルの07ですが、アドマイヤマックス産駒4頭は横で比較しました。
全体的に粘りのある馬が多くて、どの馬もなかなか目を惹きました。
繁殖には恵まれないでしょうが、種牡馬としてそこそこいけそうな印象を受けました。
コスモバレンシアの07を候補にピックアップした理由は、やはり大きい馬の方が好きだからです。
ただ、マイネノエルの07も悪い印象は持っていません。

サバルヤードの07はたくさん残っているRIM産駒の候補の中の1頭です。
具体的にはミスクラブアップルの07と比較してます。
どちらも鹿毛のRIM産駒で推定馬体重500kgと共通する部分が多いです。
現時点でミスクラブアップルの方を書いたのは完成度が高く手堅いと見たからです。
サバルヤードの07は6月生まれですからね。
また、未知の部分が多いと感じています。

まあ、今週末に牧場にいって触れ合ってくると変わってしまうんですよね。
アーバニタはカタログやDVD段階ではノーマークでしたから。
どんな出会いがあるのか、楽しみにしています。
2008/06/24(火) 00:03:00 | URL | まさのり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/448-1c842114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック