FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
CVF・BRF合同ツアー その3 ~RIM産駒の募集馬編~
ロージズインメイ産駒を取り上げます。
候補がたくさんいたのですが、大分絞りました。

まずはダイイチアピールの07。

ダイイチアピールの07

うーん、素晴らしいですね。
馬格もありますし、何と言っても動きがいい。
飛節がピッと真っ直ぐ伸びて、非常に粘りがあります。
ただ、やはり値段が・・・。
値段的にはハナから縁のない馬と考えてしまいます。
欠点らしい欠点はありませんが、アクシデント一つでのダメージが大き過ぎます。
それにしても、この馬がいるお陰で他の馬が少し霞んでしまうのが困り者です。

マイネポリーヌの07。

マイネポリーヌの07

やはり、といいますか小柄でした。
ただ、肉付きなんかはいいですし、将来的にはある程度にはなると思います。
何より一番運動神経が良さそうなタイプに見えました。
ただ、この運動神経というのが一番怪しいです。
正直、自分が一番見極められない部分だと思っています。
あと、ロージズインメイ産駒の適正が見極められていないのが厳しいです。
こういう小さめでも運動神経がよさそうなのが走るのでしょうか。
そういう種牡馬であるなら、「買い」ですが・・・。

ノーチェリンダの07です。

ノーチェリンダの07

岡田総帥が絶賛していましたね。
こんなところにウォッカがいるとか言ってましたよ。
他にも牧場スタッフなんかからも断然の評価を受けていました。
なるほど、確かに馬格もありますし、柔軟性もあります。
いい馬だと思います。
ただ、個人的には別に書く馬の方がよさげに見えました。

最後はムガールの07です。

ムガールの07

実はノーチェリンダの07よりもこちらの方が良く見えました。
客観的な数字から馬格はもちろんこちらの方があります。
柔軟性も勝っている印象があります。
あとは運動神経がどうかと言った所ですが、何度も言ってますが苦手な分野。
少なくとも自分が見極められると思っている部分では一番だと思いました。
やはり、運動神経がイマイチなんでしょうかねぇ。
牛みたいだとか言われていて、その辺が牧場での人気がない理由かもしれません。
あと、目つきがかなり怪しいです。
気性も多少キツイところがあるとは言っていました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/455-fe758926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック