FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ディープインパクトの凱旋門賞を考える
凱旋門賞のディープインパクトは3着に敗れました。
勝ったらウハウハしてブログを更新していたのでしょうが、もう不貞寝するしかなかったです。
今でも凱旋門賞の敗因を分析するとか、そういう気分にはなかなかなれないのですが、しないと始まらないので一応してみます。

正直、時計がかなりいい加減っぽいので、ペース分析をするのが難しいのですが、先行した有力馬の1頭シロッコが惨敗したことなどを考えると、前に行った馬には厳しい流れだったと思います。
ロンシャンの馬場もフィットしなかったのかもしれません。
勝った馬とは斤量差もあったと思います。
あと、気になったのが、妙にマッチョになってたこと。
筋トレしすぎて動きが悪くなった某スポーツ選手みたいな印象を受けました。
武豊騎手の騎乗については、文句はないです。
結果としてやや仕掛けが早かった感は無きにしも非ずですが、そもそも多少のミスで、勝ち負けが変わるようなレベルを期待していたわけではなく、圧倒的な能力差を見せてくれることを期待していましたので、それに見合う多少の不利はあっても大きな不利を受けない騎乗をしてくれたと思います。
しかし、どう乗っても勝てるような条件では無かった。
負けるべくして負けた、そういう気がします。

しかし、私はこの敗戦でディープインパクトの評価を下げることはしません。
私にとっての評価とは種牡馬としてその産駒を一口を持ちたいか、ということです。
一口といっても投資ですから、世間一般の評価が本当の能力よりも過大に評価されているものはリスクが高いため、評価は下がります。
私は現状のディープの評価は過大なものとは考えていません。
私はどんな条件でも無敵な馬はいないと考えてます。
日本の競馬でその圧倒的な能力をみせたディープに対し、日本競馬史上最高の馬である、という評価は変えるつもりはありません。
条件さえ整えば、ディープは世界を震撼させることができるパフォーマンスをみせることができると、私は今でもそう思っています。

レース後の池江調教師に対するインタビューでの「また、こういうレースに挑戦したいと思います。」という一言が印象に残りました。
なかなか意味深な発言ではあります。
私はこれをディープの来年の現役続行宣言と受け取りました。
もし、ここにディープが勝ってしまっていたら、きっと日本で申し訳程度に1、2戦して引退していただろうと思います。
来年以降もディープが海外競馬の大舞台で走る姿が見れるのは嬉しいことです。
馬主や馬自身の状態の関係もありますから、実際はなんとも言えないのでしょうが、池江調教師の意気込みが嬉しくもあり、頼もしくも思えました。

来年、ディープインパクトが世界の大舞台で、その圧倒的なパフォーマンスを見せて、世界中のホースマンに深い衝撃を与えてくれることを期待します。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/47-94fbf60c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック