FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
今年1年の出資馬たちを振り返る2011
年末の慌しい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、例年通り、今年1年の出資馬たちの成績を振り返りたいと思います。
そして、今年の当初に掲げたそれぞれの馬たちへの目標も再掲しておきます。
「・」の後に斜体で書かれているのがそれです。
年上の方から順に書いていきます。

○マイネルチハヤ・・・(0,0,0,1)
・地方交流競走以外にも掲示板に載る
・掲示板に5回載る。

結局、中央開催の競走で結果を出せず、1戦したところで引退となりました。
地方競馬を使い続ければそれなりに結果を出せるような気はしていたので、ちょっと早いような気もしたのですが、適正からすると仕方ないのでしょうね。
実際、地方転厩直後にはポンポンといい競馬をして確かな適正を感じさせました。
このまま中央の馬でいるよりもよかったんでしょう。

○マイネイディール・・・(0,0,2,9)
・G1出走
随分と大風呂敷を広げましたが、今年の上期はその期待に違わぬ走りをしてくれました。
オークス1、2着馬の3着にきた500万条件戦が一番印象深いですね。
G1出走こそならなかったものの、確かな能力を感じさせてくれました。
ツアーでも、年下ながらもクラブ2歳牝馬の代表格のマイネエカテリーナ、マイネボヌールを軽くあしらってました。
しかし、下期の走りは・・・、何なんでしょうね。
こんなものではないと思います。

○マイネシェリー・・・(0,0,0,3)
○マイネルフィロス・・・(0,0,0,3)

・どちらか1勝
残念ながら目標達成ならずどちらも勝ち上がることができませんでした。

マイネシェリーは結局今年3戦で引退。
それなりに頑張ってくれていた2歳時と比べ、さっぱりでした。
能力はともかく器用さがある馬だと思っていたのですが、その辺も見られませんでした。
なにか放牧のタイミングで歯車が狂ってしまったんですかね。
一生懸命走るという面でも好感が持てた馬だったのですが。

マイネルフィロスも今年3戦で引退。
いいところはあるとは思うのですが、重っ苦しい馬で中央競馬の適正は感じられなかったです。
ちょっと早い引退とは感じており、勝てないなりにベストを尽くしたという感はありません。
ただ、早めの地方入りはこの馬のためにはいいことと思います。
実際、地方入り初戦で圧勝し、ここ4か月で12戦と頑張っているようですから。
なんかマイネルチハヤと同じこと書いていますが、同じような馬だったと思います。

○マイネルアトラクト・・・(1,0,2,3)
○マイネルスクデット・・・(0,0,0,3)
○マイネマリアンヌ・・・(0,0,0,0)

・全馬デビュー
・1勝

去年、この目標を立てた当時は2頭しか、出資が決まってなかったわけですが目標はそのまま。
1勝はしましたが、残念ながらマイネマリアンヌがデビューできず、目標達成できませんでした。

マイネルアトラクトは頑張ってくれたとは思います。
勝ち上がって6戦もして、500万条件にも目途をたてました。
普通はこの成績では満足すべきものなんでしょう。
しかし、それでもなお、こんなものではないと感じさせるものがあります。
あれだけ稽古で走るんですから、もっといいところがあるのではないでしょうか。
さらなる飛躍を期待したいと思います。

マイネルスクデットはデビューこそしたものの、3戦で引退となりました。
レース振りは本当にサッパリとしか言いようがないもの。
残念ですが仕方ないですよね。

マイネマリアンヌは脚元の弱さがたたり結局デビューできませんでした。
ただ、走り自体はそれほど悪い話は聞きません。
来年に期待したいと思います。

○合計・・・(1,0,4,22)
・3勝
・30走

共に目標達成ならず、です。出走数の方は惜しかったですね。
マイネイディールとマイネルアトラクトは頑張りましたが、もう少し上を狙える馬です。
それ以外の馬は本当にサッパリでした。
残念な1年でしたが余力はあるということです。来年に期待したいと思います。

今年の競馬での話題としてはWIN5を当てたことですかね。
他にも有馬記念の週が惜しかったんですよ。
6点買いで100万馬券にWIN4でしたから。
14番人気は3点で当てたんですが、4番人気が当てられなかったです。
少ない点数しか買ってない割には頑張っていると思います。
あまり馬券を買わなくなっていたのですが、今年はまた戻りつつあります。

あと、今年は3冠馬が出ました。
オルフェーヴル、素晴らしい馬です。
WIN5では常に1点買いさせていただいており、点数削減に貢献してますw
ただ簡単な馬ではないようで、立派に育てた陣営もまた素晴らしいものです。
ディープインパクトと比べると、まだ一般受けは地味な印象がまだあります。
ただ、それに劣らないものがあると思いますよ。
ディープインパクトを超えるにはやはり凱旋門賞を勝つことでしょう!
来年は、このレースが本当に楽しみでなりません。
ステイゴールド産駒ですが、ラフィアンからこういう馬が出てほしいものです。

最後に今年一番感激したこと。
ドバイWCでヴィクトワールピサが優勝したことです。
震災で日本が大変な状況の中、勇気を与えてくれる勝利だったと思います。
デムーロ騎手の涙ながらのインタビューとか見て、今でももらい泣きしてしまいます。
本当に凄いことだったと思います。
個人的には物凄いニュースですが、一般的な扱いは非常に小さかったのが残念です。
なでしこジャパンと同じくらいの扱いでもいいと思うのですが。

ではでは!皆様よいお年を!


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/735-b6fa1219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック