FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
2012ツアー報告 その5 ラフィアン募集馬 コンデュイット産駒編
今回の募集で注目すべきはコンデュイット産駒です。
結構遺伝力が強いのか、特徴が出ている子が多いです。
直飛でツナギが立ち気味でトモ高、前脚が前気味で胸が浅く見える。
筋肉の量は寂し目でヨロとかが小さく見える。
走るメカニズムとしていい傾向があることはツアーでさんざん説明されました。
種牡馬としての成功のカギは筋肉の質に素晴らしいものが出るかということ。
この辺はどういうタイプがこの種牡馬として走るのかということになろうかと思います。
あらかじめどう感じたかを記録しておいて今後の参考にできればと考えています。

アラームコールの11

アラームコールの11です。
この度、天皇賞馬の弟になり、注目を集めることになりました。
そういうことを抜きにしてもいい馬だと思います。
同父の産駒の中では大きいほうです。
DVDだと柔らかく見えたのですが、実際に見た感じは意外と締りが強く見えました。

トライトップゴールの11

トライトップゴールの11です。
父の産駒としてはユルユルな感じは少ないほうだと思います。
カッチリとしたタイプです。
カタログよりはグッとよく見えるようになりましたね。

ナリタジュエリーの11

ナリタジュエリーの11
一番お父さんらしいタイプと見ています。
柔軟性がある歩様をしていていかにも距離が伸びてからのタイプです。
馬格は中ぐらいでしょうか。
筋肉の強さがどのくらい出てくるか、ですね。

ノーチェリンダの11

ノーチェリンダの11
毎年、このお母さんの子どもはよく見せて、実際出資したこともあります。
今のところは案外走らないんですよね。
いつか走る子を出すのではないかとは思っているのですが。
とにかく馬格がある馬です。

マイネサンサンの11

マイネサンサンの11
カタログでもDVDでも冬毛ボーボーで見栄えがしない馬でした。
ただ、実馬に会うと良かったので、思わず写真を撮ってしまいました。
早生まれでなこともあり大きい馬のほうです。

こうして見ると同父の産駒の中でもボリューム感がある馬をチョイスしているな、と感じます。
今後の参考ということであれば、違うタイプの馬も写真撮っといたほうが良かったのでしょうね。
ツアーは慌ただしくてそのときは思いつく余裕が無かったです。
なんか、出資が微妙と判断した時点で結構散漫な感じになってしまっています。

以上でツアー報告は終了です。
出資はウインの中から検討することになると思います。
今回のツアーではやはりマイネルパントルの勝ち上がりを皆で喜べたことがいい思い出です。
他の馬たちもバンバン走っていましたしね。
この調子でグループ全体として調子を上げていってもらいたいです。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/795-74c1b997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック