FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
2013ツアー報告その1 デビューした2頭
例年通り今年もBRF・CVFツアーに行ってきました。
これから報告を順次書いていきたいと思います。
さて、昨年はツアー中にマイネルパントルがデビューを果たし、見事勝利を収めました。
今年も出資馬が2頭もツアー中にデビューを迎えることとなりました。
ちょっと明暗がクッキリと別れてしまいましたが、まずはこのことから書いていきます。

順番は前後しますが、ウインオリアートから書いていきます。
入厩してからは結構いい話も聞いており、今回3番人気と結構な評価を得ていたところです。
ただ、スタッフの話では、牧場時代はそれほど目立つ馬ではなかったそうです。
1歳上に同父で桜花賞出走馬のウインプリメーラがいる関係でどうしても比較してしまう部分がある。
また、前年よりも全体的なレベルが上がっていることもあるのでは、とのこと。
それでもトレセンで評価を上げてきたのは嬉しいことです。

レースですが、3回目でようやく試験に合格したように、事前からゲートに課題があることは分かっていました。
そのスタートでいきなりやらかしてしまいました。
出遅れ気味のスタートな上、両サイドから挟まれてしまい、ズルっと後退します。
それでも仕掛けていい位置を取りに行こうとしますが、ペースが落ちて、馬込みに突っ込む形に。
その後も終始包まれて気分よく走ることが出来なかった感じでした。

まぁ、今回のは無かったことに、という感じですね。
とにかくスムーズにレースができなかったので、力を推し量りようがないというところです。
切り替えて、次戦に期待、というところでしょう。
ただ、やはりゲートはもう少し練習した方がいいとは思います。

さて、次はマイネルメリエンダを書いていきます。
こちらは6番人気という評価でしたが、牧場での評判は凄く良かったです。
総帥や社長のパーティー時のスピーチの中でも出てきていました。
今回の新聞の印はおかしい、馬券に絡まないはずがないとまで言われていました。
実際、週中には結構関東の新聞では取り上げられていたかと思います。
除外による関西遠征で一気にノーマークになったのでしょう。
果たして、見事にやってくれたというところです。

さて、レースですが、こちらは抜群の好スタートを決めます。
超スローペースの展開の中、3番手の絶好の位置につけます。
直線に入ると持ったままで先頭に並びかける勢い。
相手が仕掛けてくるのを待って追い出す余裕がありました。
1番人気と追い比べになりますが、迫られた分だけ突き放すという感じ。
きっちり首差抑えて1着でゴールしました。

けしてこの馬向きの条件ではなかったと思います。
ただ、スローペースになったことで、長距離っぽいレースになったのは幸いしました。
とにかくセンスがいい馬で、スタートを決め、好位でピタリと折り合うことができました。
そして直線での粘り腰。
この血統は最後までバテないのが強みで、競り合ったら強いんですよね。
着差は僅かですが、超スローで相手の仕掛けを待っていたので仕方ないでしょう。
本当は早めに突き放すような競馬の方が力を発揮できるはずですと言っておきましょうか。
今回のレースを見て、今後どんなレースをしていくのか、ハッキリとビジョンが見えた気がしました。

この後ですが、鉾田経由で北海道に戻るそうです。
函館のコスモス賞から、札幌2歳Sを目指すのでしょうか。
今年は札幌開催が無いため函館で4連続開催となっているところです。
この時期の芝は時計のかかる馬場となっていることでしょう。
この馬にとっては今回よりもずっと向いた条件になると思います。
期待したいですね。

明日は募集馬について書いていきたいと思います。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます
ツアー参加されていたんですね。
私もひっそり参加しておりました。

メリエンダ初勝利おめでとうございます。
やっぱり相性なんですかね?ラフィアンのチーフベアハートはよく走りますね。

距離伸びてもよさそうな血統ですし、札幌2歳が楽しみですね。
2013/07/02(火) 08:22:39 | URL | ストライクドッグ #-[ 編集]
ありがとうございます
ストライクドッグさん、こんばんは。
私もツアーはひっそり参加しておりました。

メリエンダへのお祝いありがとうございます。
本当にラフィアンのチーフベアハートはよく走ります。
相性はあるものと考えています。
ラフィアンのチーフベアハートはメリエンダが最後になると思いますので出資には活かせませんが。

絶対的に距離が伸びてからのタイプだと考えていますし、京都コースが最高の舞台と思っています。
キッツの春の天皇賞はもちろん、ラクリマの白百合S(金杯よりこちらの方が印象が強いのです。)、ベナードの黄菊賞(こっそり出資馬を入れてみた。)のイメージもあります。
ちなみに未だにラクリマは距離を伸ばして戦うべきと考えていますのでw

将来的には菊花賞や春の天皇賞で頑張ってくれることを期待したいです。
2013/07/02(火) 19:25:00 | URL | まさのり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/876-760163d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック