FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
2013ツアー報告その3 ラフィアンの募集馬
次はラフィアンの募集馬にいきます。
ちなみにこちらは今回出資は無しと考えております。
実はピックアップした馬が募集総額2千万超えの高馬ばかりだったんです。
なんかラフィアンの走る価格帯とは違いますよね。
それで踏ん切りをつけようと、ツアーで3割引券が当たったら出資を考えようと決めました。
見事、玉砕しましたw
というわけで今回は出資無しで2次を待ちたいと思います。
それでもピックアップした5頭については書いておきたいと思います。

9番シルクサファイアの12です。

シルクサファイアの12

母はビワハイジの妹でブエナビスタの近親となります。
ただ、カーリアンからステートリードンに変わってすっかり実績は差がついているところ。
厩舎はポイント高いです。
馬体は脚長でスッキリした感じで好印象ですが、ちょっと後駆は少し物足りない感じ。
動きが粘りがあって柔らかくていい感じです。
ただ現状力強さは物足りない感じです。

15番ハトシェプストの12です。

ハトシェプストの12

カタログ写真で一番印象に残った馬です。
脚が長くお尻も大きく全体的なバランスも取れています。
これで動きが良ければ楽しみ、と思っていたのですがDVDでの評価は微妙。
柔らかみも力強さもちょっと物足りない感じです。
実馬を見ても印象は変わりませんでした。
写真だけならいい感じなのですが。

23番マイネヌーヴェルの12です。

マイネヌーヴェルの12

このクラブの目玉と言っていい血統ですね。
毎年思いますが、この母の産駒はボリューム感が違います。
それほど脚長には見えない割に体高はあるのは、全体的なボリュームが違うということ。
動きも柔らかく、踏み込みは深いし、粘りもあります。
現状、機敏なところは感じられないが、この血統なら大丈夫な気もします。
上は大成しなかった馬でも素質は感じさせただけに、とにかく故障がないよう祈るばかりです。

26番マイネレーツェルの12です。

マイネレーツェルの12

活躍馬の母に人気種牡馬、人気が出そうですね。
馬体のバランスはコンパクトですがまとまっているという印象。
動きは柔らかみと力強さを兼ね備えていて素晴らしいですね。
この血統ではイメージしてなかったのですが粘りも非常にあります。
ただ、母も小さかったので仕方ないのかもしれませんが、早産まれの割に小さいんですよね。
そこだけが問題という感じです。

46番タカラカンナの12です。

タカラカンナの12

ご存じG1馬マイネルキッツの妹です。
今回のラフィアンの募集牝馬の中では断トツに見えます。
馬体のバランスがよく、枝が長い造りをしています。
動きを見ても、非常に粘りがあり、柔らかく、長距離に適正があるのは間違いないところです。
あとは筋肉の質だけですが、ここがポイントです。
お父さんの産駒たち、今のところピリッとしていないですよね。
そうなると牝馬ですし舞台設定的にも難しいのかな、と感じてしまいます。

ラフィアンの募集馬については以上です。
出資馬たちについては明日以降に書いていきたいと思います。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/878-4f0f8b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック