FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
韓国 生放送 事故
最近の2ch棋院でのチャットの雑談の中で出てきた話のことだ。

古いニュースらしいのだが、韓国の生放送の音楽番組中に心臓麻痺だかてんかんだかでバックダンサーが倒れたのにも関わらず、しばらく放置されていたということがあったそうだ。
「韓国 生放送 事故」でググれば結構、動画も出てくるので様子については参照されたい。(ちなみになかには最後に変な画像を入れている性質が悪いのもあるので注意。)
当然テレビ局の対応は非難されているのだが、ふと思う。

「自分は同様のことがあったとき冷静に対応できるのだろうか?」

ということだ。
もし、そのとき私が歌っている歌手であったら、冷静な対応はできず歌い続けていたのではないだろうか。
つまり、非難されているテレビ局の人と同じ対応しかできなかったのではないだろうか。

もちろん、判断が誤りであったことは間違いない。人の命よりも大切なものなど無いからだ。
しかし、とっさにその正しい判断が行えないのが、悲しいかな人間という生き物だ。

私はこの動画を見て、自分の身の回りに同様の事象が起きた場合を想定してみた。
まずは、楽な姿勢ができるところに運ぶ。
そして、連絡。いきなり救急車はどうだろう。まずは養護担当の人を呼ぶ方がいいのだろうか。
それから、呼吸状況なり脈なり心臓なりを確認する。止まっていたら、人工呼吸?いや、AEDが職場の一階にあったからそれを使うのがいいかな。
とまあ、こんな感じでシミュレーションしてみた。

私の拙い知識でも、冷静に考えればこのくらいのことは思いつく。
しかし、実際の現場でそれができるか、となるとかなり疑問だ。
防災訓練でもそうだが、脳内だけでも一度シミュレーションしておくと違うと思う。
私はこの動画を見て、それを脳内だけだが一度シミュレーションしてみる機会を得た、そのことだけでもこの動画を見て有意義だったと感じている。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/89-4106badf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック