FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
今年1年の出資馬たちを振り返る2013
年末の慌しい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、例年通り、今年1年の出資馬たちの成績を振り返りたいと思います。
そして、今年の当初に掲げたそれぞれの馬たちへの目標も再掲しておきます。
「・」の後に斜体で書かれているのがそれです。
年上の方から順に書いていきます。

○マイネイディール・・・(1,1,0,9)
・8戦出走
大きな期待はできないと思っていたのですが、本当によく頑張ってくれました。
出走数の目標はもちろん、目標にない勝ち星まであげました。
クラスが上がってからも何度か掲示板に載り、予想以上の好成績を上げてくれました。
とにかくこの馬の武器は丈夫なことで、レース経験を積み重ねることができました。
そんな中で、時計の掛かる馬場、そして逃げと、自分に合った適性、スタイルを見つけることができました。
今年1年ありがとうと感謝を込めて言いたいと思います。

○マイネルアトラクト・・・(0,0,0,1)
・8戦出走
・掲示板3回

結局1戦しただけでのリタイアとなってしまいました。
昨年のレース振りから、何かおかしいとは思っていましたが、心疾患とはねぇ。
これはちょっと分からなかったです。
一緒に走った馬たちの活躍を見ると高い能力を秘めていたことは間違いないところ。
本当に残念でなりません。

○マイネルパントル・・・(0,0,0,2)
・掲示板3回
まずはいきなりの骨折からのスタート。
復帰はしたものの痛みを抱えながらの調整でまともに走ることできず。
結局再度の骨折で引退となりました。
新馬戦を勝った時はそこそこはやれると思ったのですけれどね。
本当に競走馬にとって、丈夫なことが大事なことを痛感させられました。

○マイネグロリアーナ・・・(0,4,0,6)
・勝ち上がること
上記2頭がまともに走ることができない中、この馬、頑張ってはくれました。
10戦も走り、そのほとんどで掲示板に載り、2着は4回もありました。
能力的には十分に勝ち上がる力はあったし、この馬が一番強かったと感じさせるレースもありました。
ただ、最大の目標である勝ち上がりが出来なかったのが残念でなりません。
私が出資し、勝ち上がれなかった馬の中で、間違いなく一番惜しかった馬です。
地方へ行って出戻りとかせず、あっさり引退したのは繁殖としての期待が大きいからでしょう。
母として頑張ってもらいたいと思います。

○マイネルセントラム・・・(0,0,0,0)
○マイネルメリエンダ・・・(1,0,2,3)
○ウインゼーヴィント・・・(0,0,0,1)
○ウインオリアート・・・(0,0,0,5)

・全馬デビュー
・2勝

いずれも目標達成ならず、です。
マイネルメリエンダは頑張ってくれましたが、それ以外は・・・。
もう1頭くらいは頑張って欲しかったです。
それでは、個々の馬について語っていきます。

マイネルセントラムは結局デビューできず。
デビュー目前までは行ったんですけれど、故障で休養に入りました。
鉾田で会ったときは、雄大で本当に立派な馬体になっていました。
ただ、体のラインなんかを見ているとアンバランスでその大きさを持て余している印象でした。
完成した暁にはいいところがある馬と見ましたが・・・どうなるでしょうか。

マイネルメリエンダは頑張ってくれました。
新馬戦を見事勝ち、その後も順調にレースを使い続けたのは偉いです。
ただ、走りっぷりは自分がイメージしていたのとは違いました。
血統的にどこまでもバテず最後の競り合いに強い馬だと思ってました。
ただ、実際のレースでは最後タレちゃうんですよね。
やはり入れ込み気味なところが影響していると思われます。
気性面での成長が待たれるところです。

ウインゼーヴィントはとりあえず今年の最終週にデビューしました。
ただ、本当にデビューしただけ、ですね。
そのデビュー戦も評価すべきものは何もありませんでした。
稽古の動きなんかは少しずつ良くなってきているようです。
本当の真価は来年に問われることとなりそうです。

ウインオリアートはそれなりにレースを積み重ねました。
ただ、馬体重の維持に気を使う馬で、まともにレースを使うことはできなかった印象です。
体重が減るからと軽めの稽古で済ませているようじゃダメですよね。
馬体が減るのを恐れずビシビシやったほうがいいのでは、とか思ったりもしています。
2戦目ではそこそこいいところも見せていますので、巻き返してもらいたいですね。

○合計・・・(2,5,2,29)
・4勝
・40走

勝ち星の目標はちょっと無理目かなと思ったので達成できなくても仕方ないかなと考えています。
普通に考えればこんなものかな、と思います。
出走数の目標ですが、近いところまでは行きました。
特にマイネイディールとマイネグロリアーナは頑張ってくれました。
ただ、2頭とも来年には期待できないのが、厳しいですね。
マイネグロリアーナが勝ち上がれれば、マイネイディールの後を継げるような馬になったと思うのですが。
まぁ、いい1年だったとは言えませんが、普通の1年だったという感じです。
むしろ来年の方が厳しいかもしれませんね。
その辺は年明けに語っていきたいと思います。

昨年に続きになりますが、今年の競馬の最大の話題はやはり凱旋門賞でしょう。
オルフェーヴルには本当に期待が大きかったのですが・・・遠かったです。
最近気づいたことなのですが、スローペースな競馬ほど斤量が軽いことの有利が大きいようです。
昨年、今年とJCは超スローで流れました。
そんな流れの中、3歳牝馬が2年続けて好走したことが証明していると思います。
凱旋門賞はロンシャンのタフなコースでどうしてもスローに流れがちです。
そのため斤量有利な3歳、それも牝馬が有利になっていると感じています。
今年頑張ったキズナが、来年も再チャレンジするかもしれません。
適性は示しましたが、斤量を考えると厳しいだろうな、と感じてしまいます。
となると、現2歳馬に期待する方が面白いかもしれません。
今年の2歳最強は私はハープスターであると考えています。
マイネルメリエンダをあっという間に差し切った新潟2歳Sは衝撃でした。
阪神JFも負けてなお強しの印象を持っています。
一回負けたことで、逆に国内レースに囚われず、遠征しやすい環境が整ったかも、と考えています。
全然先の話なのですが、期待したいですね。

ではでは!皆様よいお年を!


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/922-18fa3d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック