FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
さすがは古馬です
先日、未勝利を勝ち上がったウインオリアート
本日の東京最終レース芝1600m戦に出走しました。
見に行こうかちょっと迷ったのですが、やめました。
というのも、ホームページで募集馬の情報が公開されたから。
じっくり検討する時間がとりたいな、と思いまして自宅で観戦することにしました。
後ほど今年の募集馬についても書いていきたいと思っています。

今回鞍上は新人の木幡初也騎手。
人も馬もデビュー前からコンビで稽古をしていました。
いつかは乗ってもらう機会もあるのだろうな、とは思っていました。
勝ちあがって余裕もでき、満を持しての初コンビという感じです。
3歳牝馬で減量騎手ですから、考えられうる最軽量ですね。
ガサが無い馬ですし、有利に働くでしょう。
木幡騎手にはラフィアンを背負うような存在になってもらいたいものですね。

ただ、相手関係は厳しいな、と感じていました。
客観的にみれる時計的なものからすると、普通に足りない感じです。
それでも勝ち上がったという勢いはあります。
軽量と合わせて、その辺で何とかならないかな、と思っていました。

さて、レースです。
スタートは悪くなかったのですが、歴戦の古馬には速いのがいますね。
それらの馬を行かせて3番手でレースを進めます。
逃げ馬が大きく引き離す展開で結構早めにペースは流れます。
先頭の馬はバテますが、2番手の馬には突き放されてしまいます。
直線でも必死に頑張りますが、伸びるというよりは、粘るという感じです。
そして最後に掲示板から落ち、6着という結果でした。

さすが古馬という感じで、ちょっと楽なレースはさせてもらえなかったですね。
軽量を活かすならスロー気味の瞬発力勝負と思っていたのですが、当てが外れました。
それでも厳しい展開の中、頑張ってくれたとは思います。
全く勝負にならないという感じでは無くて良かったです。
これで勝ってしまうようなら秋華賞とかも視野にいれなければ、とかちょっとは思いました。
まぁ、さすがに、そこまで甘くは無いですよね。
今は地道に走り続けてもらえたら、それでいいです。
そして、古馬になってから花を咲かせてもらいたいと思います。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msnrk.blog59.fc2.com/tb.php/941-6c5f8095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック